ルイヴィトン
ルイヴィトンといえば世界中のブランドの中でも一番といわれているブランドでもありますが、ルイヴィトンのブランドが誕生したのは1854年のことでした。ルイヴィトンといえば、どんな商品が人気化といえばやはり、モノグラムシリーズはかなり人気ですが、それ以外にもルイヴィトンのダミエシリーズも人気ですし、エピなども人気があります。ルイヴィトンのモノグラムは言わずと知れた人気商品ですが、やはりルイヴィトンを代表している柄だけに人気があるんでしょうね。いろいろな商品があると思いますが、ルイヴィトンのモノグラムシリーズは財布やキーケースなどの小物から大きなものにおいてはトランクやキャリーなどまで人気があるといわれています。ルイヴィトンの商品を購入する場合には、有名百貨店などにお店がありますし路面店も構えていますが、他にも、最近はインターネットでルイヴィトンの商品を購入するという人も多いと思いますが、ルイヴィトンの商品はとても偽造品が多いといわれていますから、偽造品を買わされることのないように、信頼のおけるショップでルイヴィトンの商品を購入することをお勧めしたいと思います。ルイヴィトンは本物と区別のつかないような偽造品も多く出回っています。

 

エルメス
エルメスは1837年にティエリ・エルメスという人がフランスのパリで始めたブランドでした。今はエルメスといえばカバンなどが有名なブランドになっていますが、もともとエルメスは馬具の取扱いのある工房としてとても有名でした。1867年にパリ万博が行われたのですが、馬具部門では銀賞をもらったほど優秀な成績を収めていたので、当時ナポレオンやロシア皇帝などからもエルメスの馬具は注文があったといわれています。エルメスといえば何を思い浮かべますか?やはりエルメスといえばケリーバッグやバーキンを思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか。エルメスの人気商品といえばケリー、バーキン、エブリン、エールラインなどが人気の商品となっていますが、時計も人気です。またエルメスではスカーフなどもファッション小物も人気がありますね。エルメスのデザイナーといえばジャン・ポール・ゴルティエが2004年から女性ラインのエルメスのデザイナーを行っているのですが、彼自身自分のブランドも立ち上げていてとても評価が高いデザイナーです。他にもエルメスでは有名なデザイナーを多く起用しているために、すたれないブランドとしてエルメスは世界中で人気があるブランドです。

 

シャネル
シャネルといえばファッションブランドですが、ココシャネルが立ち上げたファッションブランドとしても知られています。シャネルのブランドコンセプトというのは古い価値観にとらわれない女性というのがコンセプトになっていて、シャネルは根強い人気ブランドです。もともとシャネルというのは、1910年に、フランスのパリでシャネルモードという帽子を専門に扱ったお店を開いたことがきかっけだったのですが、それから3年後に、リゾート地でシャネルのモードブティックを開いて、オートクチュールデザイナーとしても活躍するようになってからは、シャネルの名前がどんどん世界中に広まっていきました。残念ながら第二次世界大戦後にココシャネルは死んでしまうのですが、そのあとはカール・ラガーフェルドがシャネルのデザイナーとして就任することで今のシャネルのスタイルが生まれました。シャネルのxのマークはとても特徴的で、日本でもバブルの時代には猫も杓子もシャネルという感じでしたが、ここ数年はシャネルを持つ女性というのは特定の女性になってきてシャネラーと呼ばれるファンの間で根強い人気となり、誰もがみんなシャネルという時代ではなくなりましたが、それでもシャネル人気はまだまだ続いています。

 

グッチ
グッチは今や人気のブランドの一つですが、グッチを作った人はグッチオ・グッチという人です。1881年にイタリアのフローレンスにて誕生した彼は、グッチのコンセプトである伝統を守りながら過去のいいものを現代に反映させるようなモノづくりを目指して、世界のブランドの中では初めてとなる、デザイナーの名前をブランド名にして販売し始めたのが、グッチの始まりだったようです。グッチが考えた自分の頭文字を使ったダブルGのモノグラムというのはグッチの商品の中でもとても人気でかつ有名でありますが、1953年にグッチは死亡しています。グッチがなくなってからは、グッチ一族の手から離れたところでグッチのブランドが大きくなっているのですが、グッチはイヴサンローランを買収しましたし、セルジオ・ロッシやボッテガ・ヴェネタを買収するなど、ここ数年でグッチは急激に大きくなっています。日本での進出も目覚ましく、2006年にはグッチは東京の銀座に、グッチ銀座を開店しました。このグッチ銀座は、地上が8階で地下が1階というとても大きな店舗になっていて、グッチのギャラリースペースのほか、グッチのカフェなどもあり、グッチが世界中でビルを建てたのは初めてだということです。

 

プラダ
プラダというのはイタリアのファッションブランドの一つですが、最近日本でもとても人気のブランドで世界中に今プラダの店舗展開が進められています。もともとプラダができたのは1913年のことで、マリオ・ぷらふぁという人がイタリアのミラノに革製品のお店を作ったのがきっかけです。世界中から色々な素材を集めてイタリアの職人が色々なものを作っていたのですが、それがブルジョアたちの間でとても人気になったことからプラダはイタリア王室の目に留まることになり、イタリア王室御用達ブランドとして急成長しました。しかし1958年にプラダを作ったマリオ・プラダがなくなって娘が継いだのですが、少しプラダのブランドは低迷してしまいます。そのあとにその娘が再びプラダのオーナーとデザイナーに就任してからは、今人気のナイロン製のものでできているバッグを販売したことで人気が出ます。プラダといえばナイロンバッグやナイロンの財布が人気ですが、創業者の孫娘に当たるデザイナーの提案で今のプラダの人気があるといっても過言ではないわけです。プラダはしまいブランドも作り、ミュウミュウというブランドにおいては日本でも人気があり、世界からも注目されているブランドの一つです。

 

コーチ
コーチは手ごろな値段で購入することができる高級ブランドとして今とても人気があります。コートはもともとはアメリカのマンハッタンで誕生したブランドで高級バッグを販売していました。とてもシンプルでかわいいデザインが世界中から人気を集め、日本でもコーチは大人気です。高級バッグの老舗ブランドなのに、手頃な値段で購入できることからコーチのバッグは人気があります。コーチは1941年にアメリカのニューヨークに住む夫婦が友達と一緒に家族経営の革製品の工房を立ち上げたことから始まったブランドです。以前のブランドの名前は、コーチではなくてゲイルというブランド名だったのですが、アメリカ開拓の時の象徴である馬車、コーチをブランドの名前にしたといわれています。最初は使えば使うほど味が出てくる野球のグローブがヒントになって、革のバッグが販売されました。コーチのバッグは化学薬品で覆っていませんから、天然の皮を使用していて、耐久性もよく、機能性にも長けていて、手作りで作られていることから人気が出たといわれています。日本にはじめてコーチが販売されるようになったのは1988年に三越と提携したことでコーチというブランドが日本進出を果たしました。

 

カルティエ
カルティエは、世界中の王族や貴族たちから愛されているブランドとしても知られていますが、それだけでなくカルティエのブランドを愛用している人はとても多く、ハリウッドスターやセレブ達の間でもカルティエの商品はとても人気があります。カルティエは色々ところから御用達店の指名があったんだそうで、宝石業界ではカルティエは老舗中の老舗と呼ばれています。カルティエがそれほどまでに人気の理由というのはやはりデザインがとても上品で高級感にあふれていることやカルティエの製品は技術がとても素晴らしいことではないでしょうか。機能にも優れているカルティエは今や世界中の人々から愛用されている高級ブランドの一つです。そんなカルティエですが、もともとは1947年に、ルイ・フランソワ・カルティエがアトリエを始めたのがきっかけでした。師匠から譲り受けたアトリエで宝飾品を作り始めましたが、ナポレオンのいとこのマチルド皇女がカルティエを訪れたことから王族たちの間でカルティエブランドが有名になり、後にカルティエは王族皇族御用達の店として大きくなるのでした。今のカルティエノブレスレッドジュエリーウオッチが人気になったのは1888年のことで、それ以降カルティエは今も人気のあるブランドです。

 

ティファニー
ティファニーといえばオードリー・ヘップバーン主演のティファニーで朝食をで話題にもなりましたが、女性のファッションブランドとしてとても有名なブランドの一つです。ティファニーのジュエリーは女性の憧れで老舗の宝飾ブランドとして名をはせています。1837年に、今のティファニーの前のブランドとなるティファニー&ヤングというブランドが誕生しました。そして郵送で通信販売をしていくというブルーブックのカタログが発刊されるようになりました。そして1853年に今のティファニー&カンパニーという名前に会社の名前を変えました。それ以降、さまざまな著名人や王室からティファニーへの注文が相次ぎました。フランスのパリ万国博覧会では優秀賞をもらっていますし、ティファニーの名前はそれ以降世界中で知られることになりました。1886年に販売された立て爪のティファニーセッティングはとても人気を集めましたが、それ以降色々な製品を販売し続けてきたティファニーは1972年に日本にティファニーサロンを出して日本進出となりました。それから日本での人気は目覚ましく、ティファニーのオープンハートが大流行しましたし、今でもティファニーのジュエリーは人気です。

 

ブルガリ
ブリガリについてですが時計やジュエリーの販売ブランドとして人気のブルガリはギリシャの銀細工を行っていた家がいまのブルガリへと発展しました。ブルガリというブランドができたのは1884年のことでしたがイタリアのローマにできたのがきかっけです。ブルガリを作ったのはソティリオ・ブルガリですが、高級ファッションブランドとして人気です。もともとは高級宝飾店だったようですが、時計も作り始めて、バッグや財布なども人気を博していますが、今ではブルガリがリゾートホテルも経営しているというくらいに発展しています。1970年にアメリカのニューヨークに海外での1号店出店したことでも有名で今ではブルガリのお店は世界に150以上あるといわれています。日本国内ではブルガリの店舗は40ありますが、インターネットでもブルガリの商品を購入できるようになり、今もブルガリ人気は熱が冷めない状態です。ブルガリは時計やバッグなども人気がありますが、香水もとても人気があり、ブルガリの中でもブルガリ・プールオムは男性用の香水ではありますが、女性の中にも愛用している人がとても多い香水で、ブルガリといえば香水か腕時計というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

バーバリー
バーバリーというブランドはイギリスのブランドですが、イギリスの代表的なブランドの一つとして日本でも根強い人気があります。もともとはトマス・バーバリーという人が1888年に新しい素材を考えてそれを使って傘等を作り始めたのがきかっけで、その後、バーバリーのバッグやマフラーなど、さまざまなファッションアイテムが作り出されました。バーバリーとして有名なものとしてはトレンチコートがイギリス軍の海軍の正式な制服として採用されていたり、さまざまな映画にもバーバリーのトレンチコートが登場してくるほどの人気でした。イギリスでは王室御用達のロイヤルの称号もバーバリーはもらっています。バーバリーといえば何を連想しますか?やはりバーバリーの特徴的なチェックを思い浮かべるという人も多いのではないでしょうか。バーバリーの特徴的なチェックは今も昔も人気です。バーバリーチェックを使ったファッションアイテムは色々と販売されており、小さなものになるとハンカチから、大きなものになるとボストンバッグまで、バーバリーを象徴するバーバリーチェックの商品はたくさん展開されていて、飽きることないチェックとしてバーバリーチェックを愛用している人は幅広い世代に人気です。

 

セリーヌ
セリーヌのブランドはとても世界的にも人気がある上品なブランドですが、セリーヌが今ほど世界で注目を集めるようになったというのは、1980年代のことだったといわれています。1980年代のフランスのファッションというのは保守的な考え方が根強かったために上流階級の高級感のある上品な感じのスタイルが主流だったので、セリーヌはそんなファッション業界の中でも注目と人気を集める存在だったんだそうです。当時のセリーヌをよく知る人から言わせてみると、セリーヌはヤング・エルメスだったとも言われていたそうです。1990年代には上品というよりもモード系に変化していくのですが、セリーヌは今までのイメージを一新して、モード系に近いファッションブランドとして、高品質で上品でありながら毎日の生活にも密着できる、働く女性をターゲットにしたファッションを展開していきます。そしてセリーヌは今の地位に落ち着くわけですが、毎年発売すればすぐにヒットする商品が多くセリーヌのブギーバッグは根強いファンがたくさんいて毎年発売と同時に大ヒットになっているセリーヌの商品の一つではないでしょうか。セリーヌのブランドロゴも上品でそれが世界中のセレブ達から人気を集めています。

 

フェンディ
フェンディといえばイタリアが発祥の世界でも人気の高い有名な高級ブランドです。フェンディの人気の製品といえばFの文字が組み合わされているWFモノグラムというのは人気で誰でも知っているのではないでしょうか。フェンディというブランドが始まったのは1925年のことでした。イタリアに住む夫婦がローマに革製品の専門店をオープンさせたことがフェンディのブランドの始まりとされています。そしてフェンディの娘たちはみんな家業を手伝うことになって、1965年にまだ無名のデザイナー出会ったドイツのカール・ラガー・フェルドがフェンディの主任デザイナーになったのですが、ここからフェンディーは大きく展開を始めていきます。フェンディーの店舗は世界の主要都市などで展開されていますが、日本やイタリア以外にもアメリカにはニューヨーク、ボストンやビバリーヒルズなどにも展開されていますし、都市ではなくてもリゾート地であるアスペンやコスタメサにもフェンディーの店舗の展開はあります。日本にはフェンディーの路面店が色々とあり、神戸、表参道、大阪、博多にフェンディーの直営である路面店が2000年以降次々にオープンしていますが、インターネットなどでもフェンディーを取り扱うお店は増えています。

 

クリスチャンディオール
クリスチャンディオールといえば女性の間ではとても人気のブランドの一つですが、常に色々な話題を振りまき、トレンドを抑えているクリスチャンディオールは、世界中の女性から人気のブランドです。クリスチャンディオールが生まれたのは1905年のことですが、初めてクリスチャンディオールのお店ができたのは1945年のことでした。クリスチャンディオールオートクチュールメゾンができてからは1947年に初めてのクリスチャンディオールのコレクション、コロールラインが発表されるのですが、当時とても注目と人気を集めたとされています。そして1948年にはアメリカでクリスチャンディオールニューヨークを立ち上げます。それ以降はファッションやジュエリー、化粧品に至るまで、クリスチャンディオールの製品を色々と展開してきたわけなのですが、日本でも2003年にはクリスチャンディオールの路面店が誕生して、5階建のクリスチャンディオールの店舗は日本では最大級となっています。フランスだけでなく世界中の女性を魅了しているブランドとしてクリスチャンディオールは大きく成長したのですが、世界中のセレブ達から人気があるブランドとしてこれからも成長し続けると思います。

 

ドルチェ&ガッバーナ
ドルチェ&ガッバーナについて紹介したいと思いますが、ドルチェ&ガッバーナは、イタリアのブランドの中でも代表的なファッションブランドですが、ドルチェ&ガッバーナは同じブランドのセカンドラインとしてD&Gも立ち上げていてそちらもとても人気があります。ドルチェ&ガッバーナのデザイナーはドメニコ・ドルチェですが、1987年にドルチェ&ガッバーナのブランドを立ち上げたんだそうです。一緒に立ち上げを舌のが、ステーファノ・ガッバーナで、この二人の名前をとってドルチェ&ガッバーナというブランドの名前になりました。ドルチェ&ガッバーナの製品が好きだという人も多いと思いますが、1985年にコレクションを発表してからは根強い人気のブランドです。1994年にはカジュアルな感じのドルチェ&ガッバーナとしてD&Gを展開したのですが、こちらも大盛況で人気があるといわれています。レディースのファッションはもちろんのこと、ドルチェ&ガッバーナはメンズラインも充実しており、ドルチェ&ガッバーナのファッションは世界の人々から愛されています。毎年発表される新作は人気のものになるとすぐに完売してしまうとも言われていますから、ドルチェ&ガッバーナの人気はこれからも続くでしょう。

 

Yahooショッピング

ブランドファッション記事一覧

ロレックスといえば高級時計として有名なブランドですが1905年にロレックスを作ったハンス・ウイルスドルフがイギリスのロンドンに会社を作ったのがいまのロレックスの始まりとされています。当時はロレックスという名前ではなくてウイルスドルフ&デイビスという名前の会社だったのですが、それ以降素晴らしい製造技術...

オメガというのはスイスではいちばん大きな時計のブランドとして知られていますが、宇宙センターのミールでの公式時計として使われているくらいの高性能が評価されているブランドです。オメガというブランドの名前というのはギリシャ語なのですが、どういった意味があるのかというと、オメガというブランドの名前の意味はこ...