お肌の紫外線対策

紫外線対策をしっかりしておかなければ、肌のしみやそばかす、たるみやしわが目立つようになりますよ。
地球に降り注ぐ太陽光の中でも波長が短く、強いエネルギーを持っている光が紫外線と呼ばれています。
太陽が地球に向けて発している光は、可視光線のほかに赤外線と紫外線があります。
可視光線は地上に光を、赤外線は熱を送っている光線です。
紫外線は皮膚でビタミンDを合成します。
ビタミンDは冬の弱い太陽光線を浴びるだけで十分作ることができますし、食事から摂取することもできます。
健康維持のために役立つ紫外線ですが、長時間浴びすぎると悪影響の方が出るため対策が求められます。
紫外線にはA、B、Cと3種の波長があり、それぞれ特徴が違います。
最も有害な紫外線であるUV-Cは、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまい地球上には届きません。
そのため、紫外線対策はUV-AとUV-Bが対象になります。
UV-Bはオゾン層が薄くなる8月頃が最大の警戒時期となります。
太陽光が高い位置から降り注ぐ5月頃は、UV-Aに対する警戒が必要です。
ただし、少ない時期といっても夏の半分は紫外線が届きます。
紫外線は曇りや冬の日でも意外と強い光が地表に届いていますので、しっかり対策を立てておかなければなりません。

Yahooショッピング

紫外線対策記事一覧

紫外線対策の方法として、体の表面からと体の内面から行う方法があります。紫外線対策に効果のある栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピンがあげられます。ビタミンCはほうれん草、小松菜、ピーマン、ブロッコリー、そしていちごなどの青果やイモに豊富に含まれています。お肌のシミの原因となるメ...

しわやしみ、そばかすが多くなる理由に、紫外線対策が不十分だった事があります。衣類やクリームなど外側からのケアでできる紫外線対策があります。紫外線対策を施した帽子や手袋、日よけ用の傘やサングラスなど、色々な紫外線対策製品が販売されています。衣類に関しても、紫外線をカットする効果があるものも人気があるよ...