体の内面から紫外線対策

紫外線対策の方法として、体の表面からと体の内面から行う方法があります。
紫外線対策に効果のある栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピンがあげられます。
ビタミンCはほうれん草、小松菜、ピーマン、ブロッコリー、そしていちごなどの青果やイモに豊富に含まれています。
お肌のシミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、紫外線に強い肌を作ります。
アスパラガスやかぼちゃはビタミンEの多い食べ物として知られています。
このほか、たらこやいわし、きんめだいなどの魚介類や、落花生やアーモンドなどの木の実からもビタミンEを補給することができます。
皮膚のターンオーバーを促進し、紫外線対策に役立てます。
βカロチンを摂取するにはにんじんやかぼゃなどの緑黄色野菜、にら、ビタミンCの多い野菜がおすすめです。
紫外線による皮膚の変化を抑制して紫外線対策に効果を生みます。
肉類や野菜類、卵や大豆のタンパク質にはリコピンという栄養素が豊富です。
肌は紫外線の光を受けるとメラニン色素を作り出す性質がありますが、リコピンで活性酸素を減らしておくことでメラニンを抑制します。
紫外線対策になる栄養素は、バランスのよい食生活を心がけていれば補えるものです。
不足する場合には、サプリメントの助けを借りて紫外線対策するとよいでしょう。

Yahooショッピング

スキンケア!紫外線対策は体の中からでも出来る関連ページ

紫外線対策を体の外からする場合
どんなことをすれば、紫外線対策になるのでしょうか。